青空
  トップ ワーキングホリデー?  


オーストラリア ニュージーランド カナダ 韓国 フランス ドイツ イギリス アイルランド デンマーク

オーストラリア国旗
オーストラリア


オーストラリア/オーストラリアドル(AUD)

ワーキングホリデーでの渡航先として年間9000人以上が渡航するもっとも人気のある国で、ビザについては7月1日から翌6月30日までを年度として年間の総発給数が定められているので、定員に達した時点で発給は締め切られます。 しかし、近年はこの発給数が定員数を超えることがなく、実質的に通年でビザの発給が行われている状況です。 ワーホリメーカーの渡航先で人気のある都市は「シドニー」「メルボルン」「ゴールドコースト」「ケアンズ」「パース」などが挙げられます。ワーキングホリデー関係の会社設立をしてみるのもあまり聞かないので面白いですね。 これらの都市にはワーホリメーカーの主なアルバイト先となる日本食レストランや免税店多くあり、日本食や日本の書籍なども比較的簡単に入手できます。 また語学学校も多く、その中でもケアンズやゴールドコーストにある学校ではカリキュラムにスキューバーダイビングやサーフィンを組み込んでます。

 



条件
1・18才から30才までの子供のいない方で、オーストラリアでの主な目的が休暇を過ごすことであること。
2・十分な資金を所有していること。(残高証明等の提示は不要)
3・オーストラリア出国後、次の目的地までの渡航費用があること。
4・当面の滞在費用があること。
5・オーストラリアでの雇用の見通しがあること。
6・4ヵ月を超えての就学をしないこと。
7・ワーキングホリデービザを取得し、そのビザでオーストラリアに入国したことがないこと。

このまま申請の詳細を見たい方はこちらから
青空